エイジングケアはいつから始めるのが正解?

エイジングケアの始め時とは?

お肌の曲がり角が25歳と言うのならば、髪の曲がり角は35歳です。そんな髪の曲がり角に向けて、どういう症状かを知って対策をすれば、お肌と同じように改善することは十分に可能です。
出典:https://kazukikishi.com/archives/7455

 

エイジングケアを始める年齢に、早すぎるとか遅すぎるといったことはありません。個人的には、肌の状態が気になりだした時こそ、エイジングケアの始め時だと思っています。
出典:https://otona-skincare.com/aging-care/post-2526/

 

東洋医学では、女性は「7の倍数」で節目を迎え、体に変化が出やすいと言われています。まずは、28歳。乾燥、キメの乱れ、毛穴の開きなどの表皮の変化。35歳では、シミ、小じわなどの真皮の変化。そして最後は42歳、輪郭のたるみ、法令線、シワなど顔の筋肉や脂肪のボリュームに変化が出てきます。
出典:https://allabout.co.jp/gm/gc/447752/2/

 

お肌の大敵である乾燥を防ぐことが最優先!

手の甲に化粧水を付けて、つけてない方の手と見比べて化粧水の馴染みや赤みが出ないかなどを見るのも方法の1つですが、乾燥肌や敏感肌の方は特に肌が荒れやすいので、手の甲だけでなく、なるべく顔の肌に近い首などに化粧水をつけて確かめるとわかりやすいです。
出典:https://kenokoto.jp/33663

 

乾燥が強い方はとろみやにごりの強いものを好まれる方もいらっしゃいます。それでもなかなか改善せず悩んでいる方は、あえてサラサラとしたテクスチャーの水分タイプの化粧水をたっぷりと、手のひらが頬に吸い付くようになるくらい使ってみるのがおすすめです。
出典:https://www.huffingtonpost.jp/2018/02/18/lotion-emulsion_a_23364971/

 

お風呂に入るときに、化粧水を一緒に持ち込みます。そして、いざお風呂からあがる、というときに濡れたままの顔や体にバシャバシャと化粧水を塗ります。そう、これこそがまさに「濡れたまま美容」♪
出典:https://stylehaus.jp/articles/4942/

 

 

毛穴レスのつるりん肌を目指せ!

牛乳やヨーグルト、チーズやバターをはじめとする乳製品は、体内のホルモンを刺激する成分が含まれているため、過剰に摂取することでオイリー肌になって毛穴の詰まりやニキビの原因になるともいわれている。
出典:https://front-row.jp/_ct/17256203

 

温泉に入浴すると、ぬるめのお湯ではウオーキングと同じくらい、熱めのお湯では軽いジョギングくらいのカロリーを消費するといわれています。さらに、脂肪燃焼や代謝促進の入浴法をマスターすればダイエットサポートも期待できます。
出典:https://onsenbeauty.com/beauty/index.html

 

粗塩:黒砂糖(粉末):はちみつ=1:1:2で作ったペーストを、粗塩と黒砂糖が完全に溶けるまでクルクルと優しく肌になじませて。簡単に作れて、角質ケアと保湿ケアが一度にかない、つるつるになります。
出典:https://www.biteki.com/skin-care/others/373026